らびのイロイログ

らび(love_of_bee)のイロイログ

日常で調べたけど放置している知識をまとめたり、自分の考えを整理したり

D-14 通院2回目 初フーナーテスト

不妊期間はまだ5ヶ月の私が不妊治療に通い始めて2回目の通院です。

▼前回(初回)の通院記録はこちら

lob.hatenadiary.jp

 

それでは、今回の通院記録です!

診察内容

問診

「タイミングとれた?」先生の第一声でしたw

不妊治療の問診ってそんなものなのかな。

フーナーテスト

子宮口のおりものを採取します。

それを顕微鏡で見て、精子数を目視で確認。

その場で、数が多いのか少ないのか告げられました。

カルテに記入されたのは「良好」でしたが、「あんまりいないね」と言われました。

精液検査もしてみようという話になりました。

クラミジア検査の結果返却

クラミジアも淋菌も検出されず、問題なしでした。

次回通院予定

次回は1週間後。

排卵がちゃんとできているかをチェック予定です。

あとは、夫がいつ精液検査できるのかのスケジュール調整です。

診療明細

3割自己負担で、670円でした。

  • 再診料           73点
  • 外来管理加算        52点
  • 明細書発行体制等加算     1点
  • ヒューナー検査 子宮粘液採取 60点
  • 尿・糞便等検査診断料    34点

フーナーテストとは

前回も書いた内容ですが、再掲です。

時期

排卵日ごろに性交し、そこから一定時間以内に受診します。

目的・内容

精子が子宮頚管や子宮を昇っていけるかを見ます。

受診した際に、膣・子宮頚管・子宮腔内の精子を搾取し、運動精子数を観察します。

排卵時期に性交をするこの検査は、タイミング法も兼ねているため、
検査の過程で妊娠することもあるそうです。

注意点として、試験前は3~5日間の禁欲をする必要があります。

通院2回目の感想

精液検査を結局するなら、最初から夫同伴でよかったんじゃないの?

と思ってしまいました。

仮に男性原因が見つかっていない状態で、女性原因が見つかって女性だけ治療したって結局男性側の問題があるわけだし、同時進行が効率的じゃないの??と。

だけど、女性の検査は周期に合わせて行う分時間もかかるし、最初から夫も同じである必要はないよね?と頭では分かっています。